世界情勢と母親の事

ISのテロも続いている世界で、北朝鮮の核実験や危険な連続するミサイル発射事件は人類存亡の危機にも感ずる恐ろしいことだ。

日本のように戦力をほとんど保持しない国にはなすすべもない。アメリカ頼みで生きていくしかない我が国であるが、中国とロシアが協調路線を取ってくれなければそれも成功はおぼつかない。

難しい時代になったものだ。

今、老人施設にいる母親も職員からのプチ虐待に苦悩している。頼んでもやってくれなかったり、暴言や失言などで傷めつけられているのだ。母が可哀想でならず、聞いているこちらの胸も痛くなる。

家に居ても可哀想に、と四六時中考えている。それやこれやで段々、自分も具合が悪くなってきた。悲観的になり、夜も眠りずらくなり、食欲も失せている。

何もしてやれない己が呪わしいが、母本人が大丈夫だよ、自分で何でもないふりして、やっていくから、そんなに心配しなくていい、と言ってくれたので少し心が軽くなった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です